株式会社TSJ

住宅用太陽光システム

しくみを知って
もっと安全で安心できる暮らしを
家庭で使う電気は、家庭で作り、余った電気は電力は電力会社に売る

電気代の節約、売電でおトクで豊かな生活
ご家庭で使う日中の電気を太陽光発電でまかない、使わずに余った分を電力会社に「売る」ことで、光熱費を削減でき、経済的な暮らしを実現します。
災害時の急な停電でも困らない安心の生活
地震や台風、竜巻などで電力会社からの電力供給がストップしてしまったとしても、
太陽光発電によって発電した電力を非常用として使用することができます。
CO2削減できる地球に優しい生活
枯渇が懸念されCO2を排出する化石燃料は今後さらに地球の気温を上昇させると予想されます。CO2を排出しないエコな太陽光発電で地球に優しい生活を送ることができます。
夏も冬も過ごしやすい快適な生活
太陽電池モジュールを屋根に配置すれば遮熱効果を発揮するため屋根裏の温度が夏は下がり、冬は上がります。それが伝播し室内温度が夏は上がりにくく、冬は下がりにくくなります。

進むエネルギーの自給自足化

太陽光発電システムの仕組み

住宅用太陽光発電システムラインナップ

お客様に最適な太陽光発電システムを導入していただくために、幅広いラインナップをご用意。
お客様の設置条件に合わせ、お選びいただけます。

売電のしくみ
発電できない夜間や、雨、曇りなどで発電量が少ない時は、従来通り電力を「買う」のですが、発電している日中は発電した電気を使用し、使わなかった電力は電力会社に「売る」ことができます。光熱費の削減と収入の確保を実現します。
余剰電力買取制度
主に一般住宅向け(10KW未満)の太陽光発電システムに適用される買取制度です。
住宅向けの発電システムの場合、発電した電力は、自宅での消費電力として優先的に消費されます。消費電力より電力が多かった場合は、電力が余ります。
この余った電力を電力会社に自動的に買取ってもらうことができる制度を余剰電力買取制度と言います。
余剰電力買取制度はお得なのか?
太陽光発電が「お得!」「儲かる!」と言われているのはこの売電の仕組みがあるからだと考えられます。
発電量というのは設置環境や天候などに左右されやすく、実際に余剰電力を売ることで利益を出すというのは難しい場合もあります。
しかし、下記の点で太陽光発電システムはとてもメリットがあると言えます。
  • ■ 昼間の消費電力を太陽光でまかない、電気を買わなくて済むのでお得
  • ■ 余った電気を買電より高い単価で売電できてお得
  • ■ 8年〜10年程で設置費のもとがとれるので、その後の売電収入が利益になるからお得

導入までの流れ

TOP